VDT症候群

Pocket

こんにちは。ヘッド博士です透明人間

 

突然ですが、VDT症候群ってご存知でしょうか?

VDTとはVisual Display Terminalの略です。

簡単に言えば、パソコンやスマホの画面のことです。

 

VDT症候群とは、パソコンやスマホを長時間使い続けることが原因で生じる、目や身体、心に支障をきたす病気です。

症状として、眼精疲労や疲労感、イライラ、食欲減退、不安感などがあります。

対策としては、1時間に1回程度の休息、ブルーライトからの保護などがあります。

 

ただ、そんな対策をお伝えするだけでは、ヘッド博士の名が廃ります。

私からのオススメは、「風池」のツボです。

 

風池のツボは、首の骨の両脇にある筋肉の盛り上がりから1cm程度外側にあります。

髪の毛の生え際より少し上です。

 

 

この風池のツボを軽〜く抑えて、眼を動かして見てください。

少し筋肉が動くのがわかると思います。

 

この風池のツボを5秒程度ジワーッっと押してください。

ただし、強く押したり、長く押しすぎるのは危険です。

特に血圧が高い方はご注意ください。

 

もちろん、Mr.HEADに来ていただければ、風池のツボも確実に捉えさせていただきます。

 

少しパソコンやスマホを使いすぎかなー?と思ったら、ぜひ当店までお越しください。

 

男性でも気軽に立ち寄れるヘッドマッサージ店
HP:Mr.HEAD
Tel:03-6887-2077
東京、市ヶ谷駅から徒歩3分
11時〜23時不定休

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です