脳と腸の深〜い関連性

Pocket

こんにちは。

ヘッド博士です。透明人間

 

遅い夏休みをいただいたら、ブログの更新も遅れてしまい・・・。

休みの間は、「腸」に関してお勉強していました勉強

脳と腸には深〜い関連性があることを知りました。

それを「脳腸相関」と言います。

 

脳と腸はお互いに影響を与え合っているということです。

腸の調子が良ければ、脳にも良い影響があるということです。

 

みなさんの中に、緊張したりするとお腹の調子が悪くなったりする方はいませんでしょうか?

そのことからも分かる通り、脳と腸は繋がっているのです。

 

では、腸の調子が良いと、脳にどのような良い影響があるのでしょうか?

 

腸の調子が良いと、幸せホルモンと言われる「セロトニン」が分泌されると科学的に証明されています。

(セロトニンに関しては、また改めて取り上げたいと思っています。)

 

要は、腸を整えるとハッピーになれるということですね。ハート 紫

 

それを知った私ヘッド博士は、朝食をガラッと変えました1

 

ヨーグルトに、「レジスタントスターチ」が多く含まれている「スーパーバーリーバックス」やスーパーフードの1種である「バジルシード」、「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」等をグラノーラに混ぜて食べています。

 

色々と調べているうちに、スーパーフードにも興味が行ってしまったのですが、それはまたの機会にお話ししたいと思います。

もちろん、お通じもスッキリ!

 

ぜひみなさんも「腸活」を試してみてはいかがでしょうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です