雨の日の謎の頭痛の正体とは・・・

Pocket

こんにちは。

ヘッド博士です。透明人間

 

今日は本当にいい天気ですね。

これが台風一過というやつですね。

私は、最近まで「台風一家」だと思ってました・・・

 

さて、台風が日本列島を縦断している時、頭痛になった方いらっしゃいませんか?

 

台風や雨が降る時に謎の頭痛が来る方は多くいらっしゃると思います。

 

はい、私です。

 

ただ、それは謎の頭痛ではありません。

「気圧偏重性頭痛」「低気圧性頭痛」と呼ばれる頭痛です。

 

台風や雨が降る時は気圧が下がります。

その影響を受け、人間の身体に対する圧も当然下がります。

身体への圧が下がると、体内の血管が緩み、膨張することで、血管が「三叉神経」に触れ、頭痛が起こります。

 

また、気圧が下がるため血圧も下がってしまい、血行不良が起こること、副交感神経が優位になるため、身体が重くなる、頭がぼーっとすることもあります。

 

それが「気圧偏重性頭痛」が発生するメカニズムです。

特に、普段から血圧が低い方がなりやすいようです。

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

解消法をポイント1

 

1つ目は、患部を冷やすことです。
頭痛が起きている患部を冷たいタオルなどで冷やすことにより、膨張していた頭の血管が収縮され、頭痛が楽になります。

冷やすと効果的な箇所は

・首筋

・こめかみ

・頭蓋骨と首の境目

・脇の下

などです。

 

それで効かない場合は、酔い止め薬を服用することです。
抗ヒスタミン剤が内耳のバランスを整える効果があるためです。
ただ、酔い止め薬は気圧が下がる前に飲んだ方が効果がありますので、天気予報を見て、気圧が下がる前に服用し、頭痛に備えるのが最も効果的です。

 

カフェインを飲むと落ち着く方もいらっしゃいます。

その他、静かで落ち着いた場所で横になる、普段から自律神経を整えておくことなどが大切です。

当店のマッサージには副交感神経を優位にし、自律神経を整える効果もありますので、天気が崩れる前にご来店いただくのが効果的です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です